Three for 3 BURST GUARD Project はここが違う!

Three for 3 BURST GUARD Project はここが違う!

これまでP2Pを用いた様々な案件がありましたが、その多くは問題を抱えトラブルになる事が絶えませんでした。

Three for 3 BURST GUARD Projectは、これまでのP2P案件の問題点を解消したプロジェクトになっています。

その違いについて説明いたします。

      

【これまでのP2P案件の問題点】

① アイテムというのは名ばかりのもので、使う場所が無い。

→アイテム自体が存在しない状況なので、最後には買い手がいない状態となり無価値のアイテムが手元に残るので「ババ抜き」と表現されることも多いです。

                          

② アイテムの分割により、アイテム飽和状態となる。

→アイテムの分割が繰り返されることによりアイテム数が多くなり買い手がいない状況になる。アイテムを使う場所もないため減る事がなく増え続けてしまう。

                                        

多くの案件は上記のような問題が発生しており被害者を産んでしまっている状態です。

                                             

Three for 3 BURST GUARD Project は、この問題点を解決し、これまでのP2P案件とは大きく異なるプロジェクトになっています。

                                                  

【Three for 3 BURST GUARD Project はここが違う!】

① アイテムが使える!

→ LUC888に追加される新しいゲーム「Three for 3」で使用する事ができます。

LUC888はすでに実在するゲームであり、テレビCMや、様々なイベントのスポンサーなど、多くのプロモーションを展開している信頼性の高いプラットフォームです。

                                            

② アイテムが使用されるため増え続けない!

→実際にアイテムを利用する事ができるため、分割して増えたアイテムも、実際のゲームで使用されるので、飽和したままという状況が起こりません。

                                  

Three for 3 BURST GUARD Project は、これまでのP2P案件とは違い、これからアイテムを使える場所を作るのではなく、すでに実在するLUC888のプラットフォームで利用できるアイテムを扱っているという大きな違いがあります。

                                                        

P2Pのシステムでの取引利益に加え、実際に使えるアイテムが入手できる。

この状態であれば、P2P取引で利益を得たいユーザーも、アイテムを入手したいユーザーも、損をする状況が起こらない仕組みになっております。

このように、これまでのP2Pの問題点を解消している事がThree for 3 BURST GUARD Project の魅力であり、たくさんの方から注目を浴びている要因でもあります。